Zadig&Voltaire(ザディグエヴォルテール)

2015.11.10

ザディグエ ヴォルテール(ZADIG & VOLTAIRE)とは

ザディグエ ヴォルテール(ZADIG & VOLTAIRE)とは、デザイナーを務めるティエリー・ジリエ(Thierry GILLIER)によって設立されたフランスのファッションブランドです。

ザディグエ ヴォルテール(ZADIG & VOLTAIRE)というブランド名の由来となっているのは、18世紀のフランス文学者で啓蒙思想家であるヴォルテール(Voltaire)と、そのヴォルテールの小説「ザディグ又は宿命(Zadig)」からきています。

ブランドコンセプト

ザディグエ ヴォルテール(ZADIG & VOLTAIRE)のブランドコンセプトとは、ロックマインドを常に持ちながらも、そこにエレガントさを兼ね備え、洗練されたフレンチカジュアルを大切にしています。

カシミヤやシルク、レザーなどの比較的ラグジュアリーな要素を醸し出すことができる素材を用いたベーシックなアイテムを展開し、そこに遊び心であったり、ロックテイストにひねりを加えスタイリッシュかつリラックス感の溢れるリアルクローズを表現しています。

さらに新しいタイプのラグジュアリー”アフォーダブル・ラグジュアリー”の提案もしています。

新しい風

2006年、ティエリー・ジリエのアシスタントを務めていたセシリア・ポンストロムがクリエイティブディレクターに就任します。

セシリアは高校卒業後パリでモデルを務め、エルメスやジョルジオアルマーニ等の広告に抜擢され、その際のカメラマン達との仕事を通して感性を磨きました。

2003年からティエリー・ジリエのもとアシスタントの仕事を始め、実際の現場にて実務経験とテクニックを習得し、実績が認められクリエイティブディレクターの位置を手に入れました。
素材選定からディティールに至るまで目を配りつつ、デザインチームをまとめる手腕を発揮します。

またどんな女性であっても自分らしいスタイリングを作り上げられ、素材も心地よく、美しいラインのアイテム作りを常に目指しています。

ブランド展開

ザディグエ ヴォルテール(ZADIG & VOLTAIRE)の定番アイテムは、”メッセージニット”やダメージ加工デニム”などが定番として挙げられます。
そんな人気アイテムとともに2006年には東京・青山に国内1号店を出店。

2013‐2014の秋冬には、パリ・コレクション期間中に初のランウェイショーを発表します。
2013年2月には東京・玉川高島屋内に国内初のレディース・メンズ・キッズの複合ショップをオープンさせます。

2014年には、現代美術家の大竹司とコラボレーションし、「カウボーイになればよかった」というコンセプトでアイテムを発表するなどし、今後もそういった日本とイベントを発信していきたいと言っています。

ブランド情報
ブランド名 ザディグエヴォルテール / Zadig&Voltaire
フランス
デザイナー ティエリー・ジリエ
公式サイト http://www.zadig-et-voltaire.com/jp/
ブログ http://www.zadig-et-voltaire.com/jp/zadigs-world/fashion-show/fall-winter-15-16-fashion-show
公式メディア


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-