URSUS BAPE(アーサスベイプ )

2015.11.26

A BATHING APEの新ラインとして誕生

デザイナーの西山徹が2009年にスタートさせたメンズブランド。「A BATHING APE」の新ラインとして誕生した。 2010年に、ブランド初のアートエキシビジョン「LIVE MOND SHOW」を京都で開催。グラフィックやインスタレーションで、ブランドの世界観を表現した。

アメカジを現代風にアレンジしたスタイル

シャツや、ジャケット、シューズ、ウォッチなど、メンズファッションアイテム全般を扱う。アメリカンカジュアルをベースに、現代のエッセンスを加えたストリート系のスタイル。 ベーシックなデザインが基本で、様々なアイテムとコーディネートできるのが特徴。そして、ディテールに遊び心を織り交ぜているクールで、かつシュールな世界観をもつブランド。

デザイナー西山徹は多方面で活動

デザイナーの西山徹は、1993年にカジュアルファッションブランド「FORTY PERCENT AGAINST RIGHTS」をスタートさせた。 その後1996年に「WTAPS(ダブルタップス)」のデザイナーに就任。 2011年にWTAPS初のフラグショップをオープンさせた。 2014年からは、新たなブランド「DESCENDANT」も立ち上げた。 また、著書「MY LIFE IS THIS LIFE」を発表したり、ミュージシャン照井利幸が立ち上げたクリエイティブ・コミュニティ「WELD(ウェルド)」に参加するなど、多方面で活動している。 URSUS BAPEは、WTAPSとは2010年にコラボし、スエット、財布などのコラボ商品を発売し、高品質なアメカジスタイルでストリート系の若者から人気を得ていたが、2013年にブランド活動を終了した。
ブランド情報
ブランド名アーサスベイプ / URSUS BAPE
日本
デザイナー西山徹


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-