【シアタールームに炭酸ヘッドスパ!?】女性に嬉しい!話題のシェアハウスに潜入してみた

2015.11.10
アイキャッチ   人気のテレビ番組の影響もあってか、話題となっているシェアハウス。 「どんな人が住んでいるんだろう?」 「住民同士のコミュニケーションってどんな感じ?」 「自分の部屋はあるの?」 と少なからず関心を持ったことがある、一人暮らし女性の方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、都内を中心に首都圏で複数のシェアハウスを運営しているシェア・デザインさんの物件である、シェアレジデンス国分寺にお邪魔してきました。 テレビ番組にも何度か取り上げられ、堀江貴文氏や茂木健一郎氏も来たことがある、知る人ぞ知るシェアハウス。気になる「設備」や「住民のみなさんの様子」をお伝えします。  

お洒落で居心地の良いリビング

シェアレジデンス国分寺は西武多摩湖線「一橋学園」駅から徒歩7分の場所にある、男女共用58戸のシェアハウス。 都内のシェアハウスに多い、社員寮をリノベーションした物件です。 リーズナブルな家賃から、20代前半の方が多いそう。20代後半〜30代前半が多い一般的なシェアハウスに比べると比較的若い住民層であるため、活気があるようです。 玄関を入り廊下を進むと、辿り着くのは共有スペースであるリビング。 living_9 木目を基調としたお洒落な壁や家具が、非常に居心地の良さそうな空間を演出しています。 DSC_3461 壁際にはソフトクリームコーヒーメーカーが。 金欠の時も飲食には困らなそうです。 そして反対側の窓際は、スタイリッシュなカウンターがあります。コンセントも着いているので、ちょっと仕事をしたい時にも便利。 住民の生活を考慮した、非常にお洒落で使いやすいリビングになっています。  

映画館に炭酸ヘッドスパ!?ってどういうこと!?

更に、その他の設備も見せていただきました。  

天気が良い日はシェアメイトと日なたぼっこ

DSC_3498 こちらは、リビングに併設されているテラス。 天気の良い日はシェアメイトとお話を楽しんだり、夜星を眺めることもできます。  

映画館まで行かなくても!お家で本格「映画鑑賞」

DSC_3472 こちらはシアタールーム。 大画面のディスプレイに、座り心地の良さそうなソファ。5.1chサラウンド対応のスピーカーで、映画館さながらのDVD鑑賞を家で気軽にできてしまいます。 外に出かけるのが面倒くさい日は、シェアメイトと一緒にDVD鑑賞会も楽しそう。  

お家で無料で炭酸ヘッドスパまで!?

お次は気になるシャワールーム。部屋にシャワーはついていないので、共有スペースとして複数あるシャワールームを各々使用しています。 DSC_3464 洗面台はとてもキレイ。水回りのキレイさは女性にとって、とても有り難いですね。 そしてこのシャワールームのすごいところは、なんと炭酸ヘッドスパがついていること。 DSC_3469 頭皮の皮脂やシャンプーの流し忘れなどを洗浄してくれる炭酸ヘッドスパ。 定期的に行うことで頭皮の臭いを改善したり、毛穴のつまりを防止しますが、美容院に通うとなかなか痛い出費。 それが自宅で、さらに無料でできるなんて、女性に優しいお家です。  

デザインが選べる!自分の部屋

気になるお部屋は1人で1部屋の個室です。 部屋によって微妙にデザインが異なるそう。 DSC_3477 こちらの部屋は、珍しい柄の床がお洒落です。 DSC_3479 こちらは床は普通のフローリングですが、木目を生かした壁によって優しい雰囲気のお部屋に。 その他にも様々なタイプの部屋があります。 共通して最初からついているのは、写真に載っているかわいいベッドと机とイス。 ひとり暮らしが初めての方でも、スーツケースひとつで引っ越しができるようになっています。  

住民のみなさんってどんな感じ?

いたれり尽くせりのお洒落シェアハウスですが、一体どんな人たちが住んでいるのでしょうか。 取材に協力してくださった、心優しき住民の方々を数名ご紹介します。  

「これから仕事」お姉さん

DSC_3490 この日は日曜日でしたが、これから仕事へ行くというこちらの女性。 お仕事が忙しそうですが、出勤前にリビングでシェアメイトと話すことで素敵な笑顔に。 仕事前の良いリフレッシュに繋がりそうです。  

「これからバイト」お姉さん

DSC_3521 22歳だというこちらの女性はこれからバイトへ出かけるそう。 バイト前にチラッと立ち寄ったリビングで、たくさんのシェアメイトから声をかけられていました。 何気ない日常生活に会話が生まれるのもシェアの魅力です。  

「休日を満喫」お姉さん

DSC_3545 笑顔で取材に応じてくれたこちらの女性もこれからお出かけ。 ロングの前髪がとても似合っています。  

「九州出身」お兄さん

DSC_3515 まだ18歳だというこちらの男性。九州から出てきたらしく、年齢を感じさせない落ち着きを放っています。 コンタクトを作りに行く前の空き時間で、東京での生活について、色々お話してくれました。  

「家でもパティシエ」お兄さん

DSC_3531 こちらの男性はパティシエさん。共用のキッチンでモンブランを作っています。 普通に一人暮らしをしていたら、家でモンブランを作る様子なんて見られる機会がありません。 色々な職業の人が住むシェアハウスだからこそ、こういった経験ができるのです。  

シェアハウスの魅力って?

imasia_4769275_M 最後に、住民の方々にシェアハウス生活の魅力をお聞きしました。 最も多かったのは、やはり「人との出会い」。様々な職業や国籍の人と話すことで自分の世界も広がるのだとか。 また、仕事の関係で東京へ出てきた人は友達を作るのも一苦労。そんな時シェアハウスに住めば、わざわざ外に出なくても友達がたくさんできるようです。 更に、時々料理の上手いシェアメイトに美味しい料理をもらえたり、光熱費が決まっているため月々の支払いが事前に分かったりと、他にも様々なメリットがありました。 こちらのお家では現在、期間限定でモーニングブレッドというサービスもあり、朝ご飯に焼きたてのパンが食べられるそう。朝が苦手な方も、毎朝起きるのが楽しみになるのではないでしょうか。 あくまで期間限定なので将来的に終了することもあるようですが、こういった不定期のイベントで日々が楽しくなることも、シェアハウスの魅力です。  

毎日に楽しさを求める人こそ、シェアハウスがおすすめ

一人暮らしでは絶対に使えないような設備や、出会わない人々に出会えるシェアハウス、いかがでしたでしょうか。 シェアハウスなら、今までの何気ない日常に住民とのコミュニケーションが生まれ、日々の楽しみが増えること間違いなしです。 初期費用も普通のアパートやマンションに比べ圧倒的に安いので、「なんだか毎日つまらない」「職場以外の人と話したい」「友達がほしい」という方は試しに住んでみるのも有りかもしれません。 最近では100人規模のソーシャルアパートメントや、DIYができたり、家庭菜園ができる等、様々なシェアハウスが。自分の趣味に特化したシェアハウスなら、多少人見知りでも住民との会話に困らなそうです。 少しでも興味のある方は、様々な設備や内装を楽しみながら、自分にぴったりのシェアハウスを探してみてください。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-