20151112052924

【古着天国、高円寺】初心者が「予算5000円」で1週間分の着回しにトライした結果…

2015.11.17

20151112052924
 
本メディア「好きっぷ。」では度々スナップ企画を行ってきました。
街のお洒落さんのリアルなファッション事情を知ることができるスナップ企画ですが、以前下北沢の古着スナップをした際に、取材したみなさんにお気に入りの古着ショップを聞くと、「下北沢」に混じり「高円寺」という声が多数。

「え?古着といえば下北沢じゃないの?」
古着初心者の私は新たな知識を手に入れました。

しかも、高円寺には安くてお洒落な古着屋さんがたくさんあるのだとか。
その真相を確かめるべく、今回は「予算5000円」で「1週間分の着回しができるのか」高円寺の古着屋さんをめぐり、検証してきました。
 

古着スポットは南口から続く商店街

DSC_4895
さぁやって参りました、高円寺。
古着屋さんが集まっているのは、南口を出て右手にあるPAL商店街と、その先のルック商店街だそう。

早速2つの商店街に安カワ古着を探しに行ってみましょう。
 

貸店舗”7day’s”にある、とにかく安い期間限定の古着屋さん

7Day's
PAL商店街を歩き始め、早速目に入ったのは何やら安そうな古着屋さん。一部商品を除き、1着400円3着で1000円という破格のお値段です。

古着初心者の私は何を買えばいいのか分からなかったため、とりあえず無難に「デニムのショーパン」を400円で購入しました。

こちらは貸店舗になっているので、行く時期によって中身のお店は異なるそう。服に限らずその時にしか手に入らない掘り出し物に出会えるかもしれないので、PAL商店街を訪れた際は是非チェックしてみて下さい。
 

かわいいアイテムたくさん!cat’s paw

更に進んで行き、ルック商店街に入ると700円〜と書かれた値札が見える、cat’s pawを発見。
CATS PAW
中を除いてみると、かわいい小物やアクセサリーなどがたくさん!レディース服のバリエーションも豊富です。
こちらでは700円のチェックシャツと、700円のデニム(EDWIN)、そしてなんと…1900円のニットを購入。

突然予算の約5分の2を1着で使ってしまいました。
だって、可愛かったんです、ニット。

ここで総支出は3700円。残り1300円しかありません。
 

掘り出し物が見つかる、STEADY-1

ニットを購入した自分の選択は正しかったのか…
あと1300円しかないどうしよう…

悶々とした気持ちを抱え歩いていると…
STEADY-1
可愛らしい古着屋さん、STEADY-1の前にある可愛らしい樽。中身の洋服はなんと全て100円
これは購入するしかないでしょう。

という訳で、100円でポロシャツを1枚購入しました。
 

メンズもレディースも充実、Marco Polo

残り1200円。もう1枚何か買えそうです。
そこで見つけたのが770円〜とポップを出しているMarcoPolo
Marco Pdo
メンズとレディースが同じくらいの割合で置いてあります。
こちらではゆるっと着られる、メンズのパーカーを770円で購入しました。
 

6点で4570円!

これで買物が終了しました。
4店舗で購入した服を並べてみましょう。
まとめのコピー
使ったお金は4570円(税抜)。見事予算以内に収まりました!
EDWINのデニムなど、定価では高くて手が出しにくい物も古着だとお手頃価格で手に入ります。

それでは早速着回してみましょう。
 

パターン1:ニット×デニム

ニット×えどうぃん使う
まずは”予算の約5分の2をつぎ込んで込んで購入した例のニット“にデニムを合わせてみました。
古着っぽい、手の込んだカラフルな刺繍の1点物のニット。

お洒落…ですよね?ニット、いいですよ…ね?
上下防寒もばっちりなので、この冬使えるコーデになりそう。
 

パターン2:ニット×ショーパン

ニット×ショーパン使う
先ほどのニットに、今度は400円のショーパンを。
長いデニムよりもこちらの方が男性ウケは良さそう。

ショーパンを合わせることで古着っぽさも弱まるので、まずはカジュアルっぽい古着に挑戦したい、私のような初心者の方におすすめです。
 

パターン3:チェックシャツ×デニム

チェック×えどうぃん使う
お次は700円で購入したチェックのネルシャツ×デニム!

「有りといえば有りだけど、お洒落かは微妙」な、なんとも言えないコーディネートになってしまっため、自然となんとも言えないポージングになってしまいました。

着る人を選びそうです…。
 

パターン4:チェックシャツ×ショーパン

チェック×ショーパン使う
と言うわけで、こちらもボトムスをショーパンに変えてみるとあら不思議!
メンズシャツならではの「ゆるっと感」がいい感じに栄えています。
 

パターン5:ポロシャツ×ジーパン

100円使う
早くもここら辺でレパートリーが無くなってきてしまったので、100円のポロシャツをはさみましょう。

「ニット!?長袖!?そんな厚着できないよ!」という暑がりさんや、「とにかく安ければなんでもいい!」という方には、上下で800円のこちらのコーデがおすすめです。

また、冬に突然日帰りで沖縄旅行に行くことになった際は、こういった”夏と冬のいいとこ取り”をしたコーデが便利かもしれません。
 

パターン6:チェックシャツ×パーカー×デニム

CNN×えどうぃん使う
先ほどのポロシャツコーデ、「冬にこんな薄着できないよ!」という寒がりさんにおすすめなのは、チェックシャツ×パーカーの重ね着にロングのデニムという防寒対策ばっちりのこちらのコーデ。

…え?ださい?

かわいい女性が着れば、お洒落になるのかもしれません。
ちなみに私はこのコーデで社内をうろついた結果、男性社員だけでなく女性社員からも「これは、ないわ」というシンプルな感想をいただきました。

重ね着コーデは本当に、難易度が高いようです。
 

パターン7:パーカー×ショーパン

CNN×ショーパン使う
最後は先ほどのメンズパーカーに、安定のショーパン。
やはり古着初心者おすすめアイテムは「何を合わせても割とどうにかなるショーパン」これに尽きるようです。

タイツを履けばこれからの季節も使える、安くてラクチン、そこそこお洒落なコーデの完成です。
 

難しいけど、挑戦したい!古着ファッション

予算5000円で1週間分のコーデを着回してみましたが、割と始めの方から私物のニット帽が加わっていたこと、途中すごく苦し紛れなコーデが混ざっていたこと、お気づきでしたか?

古着初心者が古着をお洒落に着こなしたり、バリエーション豊富な着回しをするのは、なかなか難易度が高いようです。しかし確かに高円寺の古着は安いので、安い服からチャレンジし、幾度の失敗を乗り越えてお洒落センスを磨いていくのがいいのかもしれません。

全身古着でなくても、いつものコーデに1つだけ1点物の古着をプラスすることで、他と被らない「自分だけのお洒落なコーデ」が完成するので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-