【女ひとり旅入門】カップルに負けず「おひとりさま」で北鎌倉を楽しむ方法を模索してみた・前編

2015.11.12
DSC_2899   20代〜40代の女性に圧倒的な人気を誇る趣味、ひとり旅。 仕事の忙しさや日々のしがらみから解放され、気の向くままに自由に過ごせる時間は、大人になった今、とても貴重なものです。 しかし、そんなひとり旅に興味がある女性は多いものの、中々ひとりで出かける勇気を出せない方が多いのも事実。 「ひとりで行ったら寂しいのでは?」 「カップルだらけの中にひとりで行って、浮いたらどうしよう?」 そんな不安を解消し、ひとり旅マスターになるを増やすべく、今回は観光地として有名な鎌倉のお隣、北鎌倉を「おひとりさま」で楽しむ方法を模索してきました。 「前編」・「後編」に分けてお伝えします。  

普通の旅行の悪条件が、「おひとりさま」には好条件

朝 おはようございます。時刻はAM9:30、北鎌倉の駅前に来ております。 昨夜も遅くまで仕事をしていたので、目が開きません。生憎の雨模様。そしてお隣鎌倉に比べ、閑散とした街の様子。 そう、全て計算通りです。何故なら、人がいない=カップルもいないから。 ひとり旅初心者が、カップルに負けず「おひとりさま」を楽しむにはまず、「カップルを避けること」、これが重要なのです。   【初心者におすすめ・ひとり旅ポイント】 ・有名な観光地を少しはずれた、隣街くらいが穴場 ・土日は眠いのを我慢して、朝早くから動こう ・天気が悪い=お出かけ日和   …え?写真は誰が撮っているのかって?大丈夫、私の心はいつもひとりです。  

目的地へのウォーキングも、「おひとりさま」にはリフレッシュ効果大

それでは早速、ひとり旅を始めます。 まずは、北鎌倉にある「たからの窯」さんで、AM10:00〜予約しているロクロ体験に。 最近では、毎週のように「おひとりさま」の女性客がくるそうなので、ひとり旅初心者にぴったりの場所です。 癒される 途中、山道の自然に癒されます。 たからの窯到着 「たからの窯」に到着しました。 都会の喧噪を忘れさせる、素晴らしいロケーションです。 北鎌倉駅から15分〜20分程度の山の中にあるので、歩くのが好きな方にはもってこいの散歩道。疲れてしまうという方は、駅前にあるレンタサイクルもおすすめです。  

「おひとりさま」なら失敗しても大丈夫!なロクロ体験

午後からの予約は一杯でしたが、午前中のロクロの予約は私のみ。先生がマンツーマンで教えてくれます。 今回は家に帰ってからも「おひとりさま」を満喫するため、毎日使えるお茶碗を作ることに。 土おこし1 まずは土ごろしと呼ばれる、土をほぐすための作業。 土おこし2 粘土を上に上げたり、下におろしたりして柔らかくします。 この作業がロクロ体験で最も難しいのだそう。 ろくろ穴 土ごろしが終わったら、真ん中に指で穴をあけます。 ろくろ穴広げる この穴を広げて行くと… 更に広げる どんどん器の形になっていきます。 下切る 形ができたら、下を切って完成です。 ほとんど先生が作ってくれました。流石、お上手です。 90分の体験時間の内、まだまだ時間があったので、今度は自分でやってみることに。 スクリーンショット(2015-10-29 15.30.25) 途中まではいい感じだったのですが… 土に返った 最終的に土に返ってしまいました…。 「ロクロはやめ際が大切。ほど良い所でやめないと、どんどん壊れてしまうの。」と先生。 楽しくなって回し続けた結果、こうなってしまいました。人生と同じで引き際が大事なよう。 こんな時、そこまで距離の近くない恋人や友達と来ていたら、自分だけ失敗してしまい気まずさを味わうことになりますが、ひとり旅なら大丈夫。ただひとりで後悔するだけです。 見かねた先生のご厚意に甘えて、「80% Made by 先生」の最初の茶碗を焼くことに。先生と仲良くなれるのも、ひとり旅の醍醐味です。 焼き上がるのに1ヶ月半〜2ヶ月かかるそうなので、自宅に郵送してもらいます。 ちなみに、焼いた後はこんな感じになるそう。 焼いたあと 正確な色味は焼き上がるまでのお楽しみ。 写真とは別に黄色っぽい色になることもあるのだとか。 自宅に届くまでワクワクです。  

こんなところに!「おひとりさま」の落とし穴

さて、ロクロを回し終えたら手が土だらけになってしまいました。 手汚い 手を洗う場所をお聞きすると、外に井戸があるとのこと。行ってみましょう。 井戸風流 とても風流な井戸がありました。早速手を洗います。 井戸1 井戸の取手を持ち上げて… 井戸2 降ろすと… 水が出てきました! 井戸3 あれ、手、手が届かない…。 ここでまさかの「おひとりさま」の落とし穴。 取手を離すと水が止まってしまいます。助けを求めるにも、周りには誰もいません。 自力でどうにかしましょう。 井戸4 試行錯誤した結果、片足を上げると手が届くことが判明。 「ひとりではどうにもできない」普段ならそう思い諦めてしまうことも、意外とできてしまうことに気づきます。 自分の新たな可能性に出会えることも、自分とゆっくり向き合える「ひとり旅ならでは」ではないでしょうか。  

鎌倉周辺ではここだけ!ちょっと変わった陶芸体験

ロクロ体験は私1人でしたが、同じ時間に陶芸体験をしている方が2組。 少しお話をしてみると… とんとんするやつ 粘土を型に沿ってトントン叩き、お皿をつくる体験をしているそう。 とんとん葉っぱ 更に、外に生えている好きな草花をとってきて、模様をつけるのだとか。 完成系はこちらです。 とんとん完成系 その時自分が選んだ草花の形が一生残る、とてもロマンチックなお皿です。 面白そうだったので、先ほどの先生に詳しくお話をうかがうと、こういった形式の陶芸体験を行っているのは珍しいそう。ロクロに比べて手や服が汚れず、価格もリーズナブルなので遠方から旅行に来る方には人気なのだとか。 次回はぜひ、こちらの陶芸体験にも参加してみたいものです。  

午後からの予定はその場で決めよう

体験を終えると時刻はAM11:30。気づけばお腹が空いてきました。しかし自由を楽しむひとり旅、この後の予定は全く決めていません。 仲良くなった先生に、近場のカフェや観光スポットを聞くと、穴場をたくさん教えてくれました。「人の温かさ」に触れられるのも、ひとり旅の大きな魅力。 後編では、ロクロの先生おすすめ、穴場カフェ〜観光スポットを「おひとりさま」で楽しむ方法を模索します。お楽しみに!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-