【トップスが300円代!?】安カワ古着のリアルファッションスナップ・下北沢

2015.10.26
下北 アイキャッチ   外はすっかり秋。 冬になると、アウターを着なければならず、折角オシャレをしてもコートしか見えないことが多々あります。 つまり、長袖シャツやニットなどが一番目立つのは、今この季節、なのです。 トレンド品も捨てがたいですが、折角服装が目立つこの時期。人とかぶらないオリジナルのオシャレを目指したいところです。 そこで、今回は一点物が多い古着に注目し、古着オシャレさんが集う下北沢スナップ取材をしてきました。 安カワな古着屋さんが多い下北沢。お金をかけずにオシャレに見える個性的なコーディネートの数々を、どうぞご覧下さい。  

「北海道の白肌」×「上品な古着スタイル」がよく似合う

かざてぃー かざてぃーさん(19歳) 北海道出身のかざてぃーさん。 渋めだけど上品なニットは地元のアウトレットで購入したんだとか。 アウトレットにも古着スタイルに使える掘り出し物があるみたいです。 トラッド風で上品なスタイル。「古着に挑戦してみたいけど、いきなりコアなのはちょっと…」という方には、比較的トライしやすいのではないでしょうか。  

メンズライク×サロペットで可愛さが引き立つオシャレコーデ

なおさん なおさん(22歳) メンズライクな渋めのシャツとスニーカー。 ショート丈のサロペットと組み合わせることで、良い具合に女の子らしさが引き出されています。 ニット帽や黄色い傘の小物アイテムも良い感じ。 青×緑と、色物を組み合わせることで古着感がUPしています。  

古着ファッションとトレンドファッションの仲良し2人組

きくちさん、こばやしさん きくちさん(左)、こばやしさん(右) 2人で雑談中にパシャリ。 カジュアルなのにこなれ感が出せるのも古着の魅力です。 きくちさんのトップスは下北沢のROSEで購入したそう。首にかけたヘッドフォンとよくマッチしています。 こばやしさんは、古着が好きなきくちさんに連れて来られたんだとか。 流行のツバ広ハットと秋のマストアイテム、ロングチェックシャツを足下のシンプルなショート丈ブーツで締めています。  

トップスが300円代!?トレンドと組み合わせた古着スタイル

K.Tさん K.Tさん(23歳) 古着のオシャレなトップスに惹かれ、迷わず声をかけてしまいました。 どこで買ったのか聞くと、やはり古着屋さん。 なんと3着で1000円だったそうで、この服自体は300円ちょっとなんだとか。 一点物の洋服に、流行のファーサンダルを組み合わせ、トレンドも取り入れたオシャレさんです。  

白コーデにストライプ柄がよく栄えた、色使いテクニック

あず あずさん(20歳) 上下の服を白で固め、ストライプのジャケットを羽織ったあずさん。 さらにニット帽とスニーカーをグレーで合わせ、カジュアルなのに清潔感のある服装です。 「楽ちんだけどカジュアルすぎないコーデをしたい」という時に、色使いでしっかり感を出すのもテクニックの1つです。 そういった際は、白や黒などのモノクロ色がオススメ。  

着こなしが難しいバラ柄スカートも白と合わせれば間違いなし

ミクさん ミクさん(18歳) 「オシャレで大人っぽい方だなぁ」と思い話しかけたらなんと18歳でした。 中々着こなしが難しいバラ柄のロングスカート。見事にはきこなしています。 高円寺で1000円くらいで購入したそう。高そうに見えるのに、実は安いアイテムもたくさんあるのが古着の良いところです。 こちらもトップスとスニーカー、鞄を白で固めることで、スカートの柄や色が持つ魅力を上手く引き出しています。  

秋はオーバーオールで決まり

ななぷ ななぷさん(18歳) 流行のオフェロメイクがカワイイななぷさん。 右手に持っているハンドバッグは下北沢でなんと500円だったそう。 着る人を選びそうな、レトロな柄シャツも、髪型やメイクにとてもマッチしています。 長袖のシャツ一枚でも寒くないこの時期は、オーバーオールが上着に隠れる心配がありません。みなさんも着てみてはいかがでしょうか。  

だぼだぼアウターも白コーデに合わせよう

moni moniさん(20歳) ななぷさんとは小学校からの付き合いだというmoniさん。 2人とも古着が大好きでよく下北沢に来るのだとか。 大きめサイズの「だぼっと感」が良い感じのアウターは、古着屋さんで800円だったそう。 moniさんも、インナーとパンツを白で固め、アウターの良さをうまく引き立てています。 更にグレーのキャップとバッグに、黒のシューズ。モノクロ色の小物アイテムを合わせています。  

白コーデ+柄物1点が古着スタイルの鍵!?

一点物が多い古着スタイルですが、何人かのオシャレさんの間で見られた傾向として、目立たせたいひとつのアイテム以外を、白で固めていました。 そうすることで、柄物や色物の魅力をより引き出すことができるだけでなく、こなれ感や、清潔感を出すことができます。 さらに、モノクロ色の小物アイテムを合わせるとまとまりがある、上級オシャレさんに。 「柄×柄」を着こなすことができれば、古着マスターですが、組み合わせが難しいのが現実。「この秋古着にトライしてみようかな」という方は、まずひとつの古着アイテム以外を白で固めることから始めてみると良いかもしれません。 また、古着だと、オリジナルのオシャレができるだけでなく、高そうに見えるアイテムを格安で手に入れることができるのも大きな魅力です。古着屋さんは変わった内装やオシャレな内装のお店が多いため、掘り出し物を見つけるために色々なお店を巡ってみるのも楽しいのではないでしょうか。 夏に比べて暑すぎず、冬に比べると寒すぎないこの季節。外を歩くにはもってこいです。お散歩がてら、是非オシャレな古着屋さんを巡り、あなただけの掘り出し物を探してみて下さい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-