【トラブル回避!】年末こそ、やっておきたいママ友・職場・親戚…めんどくさい人間関係トラブル予防♡

2015.12.18
27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_l いよいよ年の瀬、大掃除の時期ですね。 ところで、大掃除はお家だけで終わりですか? 要らない物が眠っているのは、お家だけではありません。 最近、ママ友や大切な人の親族、職場の人など…価値観が合わない方とのトラブルで悩む方が多いそう。 しかし、関わらない事が一番と分かっていても、様々な事情でそういう訳にいかないのが大人の世界…。 こうなったら付き合いつつ、面倒なトラブルが起きる前に予防していくしかありません! 女子会やママ会の集まりや、忘年会、大切な人の実家へ帰省など、微妙な距離感の人と関わる機会が多い年末の時期なら、尚更です…。 そこで今回は、年末こそ、やっておきたい!ママ友・職場・親戚…めんどくさい人間関係トラブル予防策をお伝えいたします。

適度な距離を置く

職場でもママ友同士の会話でも、ふと話した事が思いもよらないトラブルに発展する事は多いです。 例えば、自分の出身校・嬉しかった事・旦那さんの年収など、プライベートな話の深入りは極力、控えた方がいいです。 ・”他人の詮索はせず、自分が聞かれても詳しく答えない様にする” ・”噂をされて困る事は話さない” これにつきます。

うわさ話と悪口には聞き流す・同意しない

うわさ話や悪口が出た時に気をつけたいのが、アナタの受け答えの姿勢とその後の話題。 愚痴が多い人はアナタが同調した事も悪口と受け取る可能性があります。 さらに最悪なの事に、人に伝わるにつれて話が勝手に大きくなり、話がこじれるケースも多いので同調は控えましょう。 ・”鵜呑みにしない・聞いてるフリをしながら聞き流す”。 ・”同調しない” ・”その場にいない人の話題はなるべくしない” 悪口をよく言う人がいたら、これにつきます。 もう、仏の様に”無”になりましょう。

上手に聞き流す受け答え

悪口に同調しないといっても、無視をする訳にはいかないので何かしら反応を示さなければなりませんね。 そんな時は「はひふへほの法則」で聞き流すのが有効です。 【はひふへほの法則】 は…「ははあ」と納得 ひ…「ひひひ」と笑う ふ…「ふーん」と聞き流す へ…「へーえ」と驚く ほ…「ほほう」と感心 もし聞き流す事に自信がなければ、自分が好意を持てる人の対応を観察し、お手本にしてみるのも良いですね。

上手に詮索を回避する受け答え

こちらが距離をとって詮索をしなくても、相手が詮索する会話を投げかけてくることもありますよね。 そんな対応をしてみてはいかがでしょうか。 【明るくはぐらかす】 ・「よく知らないです~。」 ・「ご想像にお任せします~。」 ・「あいにくですが、その件についてはお答えいたしかねます。」 【答えない・話題を変える・立ち去る】 ・「それより、○○さんは?」 ・「そういえば、この前言ってた○○さ~」 ・「トイレ行ってくるね~」 【言いたくないんですけどオーラを出す】 ・「え…?何でですか?」 ・「そういう話はちょっと…」 ポイントは基本的に”笑いながら”です。 自分の気持ちが上手く表現できない方は、いざという時の為に、シュミレーションをしておくと良いかもしれませんんね。

まとめ

いかがでしたか? 基本的に大人のお付き合いは、“置かれている環境がただ同じ”という集まりです。 なので、距離を保って常識ある大人の付き合いを心がければ、うまくいきトラブルは回避できるハズ。 勿論、出会った方の中には、仲良くしていきたい方・アナタを心から心配し、助けてくれる方もいると思います! そういった方こそ、とっても大切に関係を築いていきたいですね。 未然に防げれば、きっと来年は悩みごとが減っていい年になるかも…?! さあ、この年末、人間関係の悩みもスッキリ減らしてみませんか?


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-