Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/inter-reuse/www/kiseu/wp-content/themes/skip/single.php on line 23
8b5cd1fd1fde897442a093494d649184_s

【話題沸騰!】セレブ注目の最新スーパーフード☆”穀物系”5選を比較検証!!

2016.01.27

ビューティーイメージ

永遠の憧れ、海外セレブ…そんな彼女達がいつまでも綺麗にいられるヒミツは”スーパーフード”にあった!?

今回は、美容効果やダイエット効果が期待できるとセレブ達も大注目の最新”スーパーフード”をご紹介いたします!

そもそも”スーパーフード”って…?

悩む女性

”スーパーフード”とは、栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高く、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ食べ物の事♪

”スーパーフード”と呼ばれるものは、野菜から果物、油など…近年では沢山のものが出回っています。

その中でも、今回は去年大ブームとなった”キヌア”を初めとする”穀物”のものに焦点を絞りたいと思います。

”穀物系”スーパーフードの特徴は、とにかくサプリメント並に栄養価が高い所。

美容効果はもちろん、満腹感を得られるものが多く、苦なくダイエットをできるというのも大きな利点です。

といっても…

『どれもツブツブしていて…聞きなれない横文字で…一体何が違うの?!』

と思う方も多いかと…

そこで、ここからは5つの”穀物系”スーパーフードの比較や効果、気になるお味からおススメの調理方法まで、ぎっしりとお届けしたいと思います♪

キヌア

でけた^ ^ #キヌア #どう食べるのがオススメ?

Junkoさん(@jungco88)が投稿した写真 –

食事で取り入れなければならないアミノ酸9種類全てを含み、宇宙食としても評価されている”キヌア”

数年前からジワジワと浸透し、2015年には大ブームとなったスーパーフードです。

南米アンデス山脈の高地で栽培されている穀物なのですが、日本でも一気に知名度が上がり、身近で見かけるようになりました。

効果の実績も多数寄せられているので、2016年も引き続き大人気のスーパーフードとなりそうです。

 
【味のクセ】★☆☆☆☆
 
そのまま食べてもほとんどインパクトはなく、しいていったら木の実のような味のようです。
逆に考えると、どんな食材にも合うということ♪
 
【美容効果】★★★★☆
 
とにかく栄養価が高いので美肌にも効果的。
女性ホルモンを促進する成分も含まれているのでいつまでも若々しい肌でいられると話題です。
肌以外にも髪や爪を美しする効果や、食物繊維が多く含まれる為便秘解消、更に老化防止に役立つビタミンEや各種ビタミン、ミネラルも含まれています。
たくさんの効果が期待できる”キヌア””食べる美容液”として絶大的な支持を誇ります。
 
【ダイエット効果】★★★★☆
 
ダイエット効果抜群だといえ…実はお米とさほどカロリーは変わらないのです。
何が違うのかといったら栄養価。
ダイエットに必要とされる食物繊維やタンパク質がお米より断然多いのに、お米と同じように水分を吸収し膨張するので満腹感を十分得られるのです。
とにかくカロリーを減らす事を重視している方にはあまりおススメできませんが、健康的に痩せたいと思ったら”キヌアダイエット”はぴったりです。
普段摂っているお米をキヌアに変えるだけといった簡単なもの♪
とくに好き嫌いが多く、野菜や魚よりも炭水化物が大好きというかたなら絶対的におススメ!!!!!
 
【お墨付き】★★★★★
 
ビヨンセ、ミランダカー、ローラなど…たくさんの有名人が愛用中
有名人以外にも、ブログなどで多数の効果実績が取り上げられています。
 
●食べ方●
 
お米と同じ要領でのそまま炊くだけですので、おかずと共に食べるだけでなく、チャーハンやリゾットにしたりとアレンジもし放題♪
抵抗のある方はお米と混ぜて使っても◎
 

 

テフ

Fermented Teff wraps! #nongluten #breakfastlunchordinner #teff #eatwithanything #friendlyferments #makeyourown #BeYourOwnFermenteur

Malcolm Saundersさん(@themalchemist)が投稿した写真 –

2016年、新たなスーパーフードとして注目されはじめている”テフ”。

エチオピア発祥の世界最小の穀物で、”キヌア”と同様、栄養価が高く、特にカルシウム、タンパク質、鉄分などが豊富で、ダイエットや美容にとっても効果的なんだとか。

ただ、テフは収穫量が少ないので希少性が高く、価格も高価なため、残念ながら日本ではほとんど販売しているところはないようです。

現在、なかなか入手しづらいテフですが、ブームになる日はそう遠くないはず♪

また、テフは粒が小さいので、パンケーキやスムージー、ドレッシングなど普段の食生活に取り入れやすいのも人気のポイント◎

 
【味のクセ】★★☆☆☆
 
ナッツ類に似た香ばしい味と噂の”テフ”。
白いものと茶色いものの2種類があり、栄養価は変わらないのですが、茶色のテフの方が甘みが強いそうです。
そのまま食べれちゃうのも嬉しい点ですね♪
 
【美容効果】★★★★☆
 
”キヌア”に負けない、あらゆる栄養分が揃っている”テフ”。
小粒ながらも美容や健康に申し分ないほどの効果をもたらします。
テフはなんといってもが鉄分が豊富なようで。
鉄分が不足すると痩せにくくなるだけではなく、お肌の新陳代謝にも影響でてしまいます。
健康維持にも欠かせない鉄分は免疫機能の維持し、病気になりにくい健康的な身体を手に入れられるのです。
 
【ダイエット効果】★★★☆☆
 
エチオピアでは小麦粉代わりに使われている”テフ”。
”キヌア”が米なら”テフ”はパンです。
朝ごはんは米よりパンやシリアル派だという方、は断然”テフ”がおススメです。
こちらも”キヌア”と同様、通常の小麦粉よりかは低カロリーものの、極端に少ないわけではないそう。
しかしダイエットに必要な栄養価が高く、空腹感が抑えられるため体重減少につながるといわれております。
 
【お墨付き】★★☆☆☆
 
国内ではまだまだマイナーな食材ですが、グウィネス・パルトロウやビクトリア・ベッカムなど、海外では既に大注目されているそう♪
 
●食べ方●
 
テフを利用した料理の中でもエチオピアで食されている「インジェラ」はパンケーキのようなもので、栄養価の高いダイエット朝食として話題です。
とは言ってもなにかと忙しい朝…もっと簡単に済ますのならミルクに混ぜてシリアルのようにして食べるのも◎
ナッツ感覚でそのまま食べるのも◎
小麦粉と言われども、お米のようにおかゆとして食べたり、ピラフやチャーハンを作ったりもできるそう。
そう考えると、キヌアよりも料理の幅は広がりそうですね。
 

 

チアシード

ミラクルフードと言われるほど栄養が豊富な食材の”チアシード”

全世界でも話題沸騰中の注目食材です。

メキシコなどの中南米で栽培されている果実の種で、タンパク質やカルシウムや鉄、ミネラル、ビタミンB、食物繊維、αリノレン酸、18種類のアミノ酸などが含まれ、”奇跡の食材”とまで呼ばれています。

味にクセがなく、料理やデザートにちょい足しするだけで栄養補給できるという手軽さが何より人気の特徴ともいえます。

 
【味のクセ】★☆☆☆☆
 
そのまま食べると仄かにゴマのような香ばしさがあるそうですが、基本的には無味無臭らしいです。
クセがないので料理を選ばず摂取できるのはありがたいですね☆
 
【美容効果】★★★★☆
 
”チアシード”を大さじ1杯強を摂取すれば、1日に必要な栄養素の約半分が取れるとも言われています。
2種類もの食物繊維が含まれており、腸内環境を整えます。
さらには体の機能を正常化するオメガ3脂肪酸には美しさを保つ効果も♪このような豊富な栄養素によって、美肌や便秘解消などに効果があります。
 
【ダイエット効果】★★★★★
 
”チアシード”自体は高カロリーなのですが、水の吸収力が強く、水に浸すと約10倍もの大きさに膨らむ為、特にダイエットに最適と言われております。
膨張した”チアシード”が胃に送られると10倍の食物を受け取ったという錯覚を起こし、これが満腹感となって結果的に食べる量が減り、体重の減少に大きく繋がるのです。
なので一日の摂取量はわずか大さじ1杯(10g)で十分だそう。
たったそれだけで満腹になれるなんてとってもお得ですよね♪
 
【お墨付き】★★★★★
 
ミランダ・カーを始め、国内モデルのマギーや道端アンジェリカ、そして一般人のブロガーやツイッタラーの間でも効果絶大と声を響かせております♪
 
●食べ方●
 
”チアシード”は水分を含むと膨らむ性質があるので、ドリンクやヨーグルト、スムージーなどに混ぜて食べるのがおすすめ★
水分を含んだチアシードは、タピオカのような食感も楽しめるので、ゼリーやプリンのようなデザートのように食べることができます。
 

 

ブラッククミンシード

こちら #カロンジ #ブラッククミン でした

Eri Nakamuraさん(@mukk9n)が投稿した写真 –

こちらも次にくるスーパーフードとして業界では注目されています。

「死以外の全てを治す万能薬」とも呼ばれる驚きのスーパーフード”ブラッククミンシード”

ブラッククミンシードは地中海沿岸で栽培されている植物の種で、ビタミンやミネラルをたっぷり含み、近年では100種類以上もの薬効成分が発見されています。

 
【味のクセ】★★★★★
 
クセは今回紹介させて頂いている中でも断然強いほう。
スパイスや薬として使われるくらいなので、やはりそのまま食べると苦味と辛味を強く感じるそう…。
 
【美容効果】★★★★★
 
お肌にハリや潤いを与える”αリノレン酸”が含まれており、若々しい肌をキープしてくれます。
また、髪の発育も促し、髪に艶を与え、頭皮も健康に保ちます。
やはりに使われていたくらいなので、免疫力の活性化は勿論、ここでは書ききれないほどの驚くほどの効能の多さ。
日本では特にオイルとして多く販売されている”ブラッククミンシード”。
食べる以外に肌や髪、爪に塗布する利用法も♪
まさに”万能薬”です。
 
【ダイエット効果】★★★☆☆
 
毎日ティースプーン1杯分の”ブラッククミンシード”を摂取することで、脂肪が燃焼されるとともに基礎代謝もアップ♪ただし、”ブラッククミンシード”を摂取したからといって何もしなくていいわけではないそう。カロリー制限や適度な運動などをしたうえで、効果が期待できるのです。ダイエット食材というよりはダイエットをサポートしてくれる食材だと認識しましょう。すでにダイエットをしているけどなかなか効果がでないといった方にはうってつけのダイエットサポートフードです。
 
【お墨付き】★★★★☆
 
世界での注目度もまだまだですが、医療的な面の立証データもあるのでやはり”万能薬”としての効果は確実だといえるでしょう。
また、ダイエット効果に関しても実験などを行って結果を出した実例もあるので、これはかなり期待できそうです。♪
 
●食べ方●
 
”ブラッククミンシード”はサプリメントやオイルとして売られているほうが多く、料理に混ぜるというより、サプリメントとしてそのまま摂取して頂くのがよろしいかと思います。
又オイルの場合、スプーン1杯のブラッククミンシードをハチミツやフレッシュジュースなどと混ぜて飲んでみるのもおススメ。
 

 

アマランサス

こちらも”キヌア”に続くスーパーフードとして今年大流行見込みの注目食材☆

”キヌア”によく似た、同じペルー南米原産の雑穀です。

どちらも栄養価が高いことに変わりはないのですが、微妙に成分が違うということで、ここでは“アマランサス”ならではの効果をご紹介したいと思います。

 
【味のクセ】★★☆☆☆
 
噛み潰すと多少の苦味があるものの、そのまま食べるわけではないのでさほど問題はないですね。
 
【美容・健康効果】★★★★☆
 
”キヌア”と同様、栄養価が高いのは勿論。
さまざまな美容効果をもたらしますが、”アマランサス”の特権として、ミネラル成分である亜鉛やカルシウムなどがとても豊富です。
ミネラルが不足すると、ニキビや吹き出物などの肌荒れ、さらには脱毛が進むなどの問題があります。
現代女性に不足しがちなミネラルを補うのにも、とても適してる食材と言えます。
 
【ダイエット効果】★★★☆☆
 
お米代わりに丸ごと使える”キヌア”と比べてしまうとある程度を白米に混ぜて使うのが主流の”アマランサス”は、カロリーがほぼ同じなだけにやはり劣ってしまいます。
しかしキヌアと比べると小粒の為、料理を選ばず気軽に取り入れることができるという点は”アマランサス”ならでは♪
更に”アマランサス”は昔から日本で栽培している地域があるので入手しやすく、国産で低予算に抑えらるという利点があります。
オーガニック志向の方には断然”アマランサスダイエット”をおススメします♪
 
【お墨付き】★★☆☆☆
 
美意識の高いハリウッドセレブ達の間では既に注目されている様子!
日本ではまだ認知度は低いのですが、先日テレビ番組で紹介されたこともあり、徐々に沸騰してきているようです♪
 
●食べ方●
 
”アマランサス”の場合は”キヌア”よりも小粒なので、お米代わりに使うのは少し難しいそう。
玄米のように白米に混ぜて炊いたり、フライパンで熱してものをサラダなどにトッピングするのもおススメです。
 

 

検証結果

私自身も始めは何が違うのかさっぱりでしたが、蓋を開けてみると案外違うものでした。

部類的には雑穀である”キヌア””アマランサス””テフ”は非常によく似ています。

どれも主食代わりになるので炭水化物が大好きな方にはおススメです。

しかし総合的に勝っているのはやはり”キヌア”なのかな…と。

そして”チアシード””ブラッククミンシード”は二つとも植物の種ということで同じ部類になります。

しかしこの二つは同じ種でも効果や食べ方が大分違いますね。

どちらも美容効果が高い面は同じですが、その中でもダイエット向きなのは”チアシード”で、健康面での強いミカタは”ブラッククミンシード”です。

ですので10代~30代くらいだとデザート感覚で取り入れられる”チアシード”の支持が高そうですが、40代以降で健康を意識する方は断然”ブラッククミンシード”がよいかと。

そして驚いたことは、どの商品も”ダイエット”を推しているのにも関わらず、カロリーがさほど低くないところでした。

『ダイエット=低カロリー』という観点はもう古いのかもしれません。

カロリーをある程度摂りながらでも十分キレイに痩せれるということ。

とにかくカロリーを減らすダイエットというのはやはり不健康になりがちです。

不健康になると精神面も不安定になり、さらには肌にも悪影響を及ぼし、痩せたはいいももの老けてしまった…なんて悪循環を招く恐れも。

ただ痩せてスタイルが良くなることは”真の美”ではないということです。

身体の内側からキレイにすることが、心の余裕も生まれ、肌も髪もつやつやになり、心身ともにいつまでも若々しくいられる秘訣なのです!

”真の美”を手にしたセレブ達の秘密はココだったのですね!!

今回ご紹介させていただいたパワーフードを是非生活に取り入れ、憧れのセレブ達のように美しく輝く女性を目指しましょう♪


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-