【明日は七草粥の日!】無病息災を願って♡日本の伝統と文化の”七草粥”の雑学&レシピをご紹介♡

2016.01.06
七草粥 明日、 1月7日は”七草がゆ(七草粥)”の日ですね。 皆さんは、 『なんで七草を食べるの?』と疑問に思った事はありませんか?また、お子様など誰かに聞かれた時、正しく答えられますか? 聞いたり調べたりしたけど、『スッカリ忘れちゃった。』なんて方も多いのでは。 そこで今回は、明日の七草粥の日を前に、大人も納得! 七草粥の雑学&簡単に作れる定番の七草粥からアイディアレシピをご紹介いたします♪

雑学編:なぜ七草粥を食べるの?

疑問 七草は正月に祝膳や祝酒で弱った胃や内臓を休める為。 野菜が乏しい冬場に不足なビタミンやミネラルを豊富な七草で栄養のバランスを整え補う為。 七草が早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うと言われており、1年の無病息災を願って食べられています。 また、日常の食生活に戻る一つの区切りでもあります。

雑学編:七草粥のはじまりは?

書物 中国の年中行事である1月7日の“人日(じんじつ)の節句”(人を殺さない日)に作られる、七種菜羹(ななしゅさいのかん)と言われる7種類の菜が入った吸い物の影響を受けた事が始まりとされています。 日本には平安中期頃に伝わり、宮廷の儀式として食べられていましたが、日本文化の影響を受けて、室町時代以降はお粥に変わったそうです。 その後江戸時代に、端午や七夕などで知られる、五節句の中の1つに”人日(じんじつ)の節句”を、江戸幕府が公式行事として祝日に定めて、日本の風習に定着しました。 うーん。実は、奥が深いんですね。

雑学編:七草の効果と意味は?

七草 お次は、日本のハーブと言われている七草の様々な効果と、込められた意味についてご紹介いたします。 ≪芹(せり)≫ 鉄分が多く含まれているので増血作用が期待できます。 意味は、“競り勝つ”。 ≪薺(なずな)≫ ぺんぺん草とも言われ、下熱や利尿作用があります。 意味は、“撫でて汚れを落とす”。 ≪繫縷(はこべら)≫ タンパク質やミネラルなど様々な栄養に富んでいて、古くから薬草として親しまれています。 意味は、“反映がはこびる”。 ≪菘(すずな)≫ 蕪(かぶ)です。ビタミンが豊富です。 意味は、“神を呼ぶ鈴”。 ≪蘿蔔(すずしろ)≫ 大根(だいこん)です。消化を促進させ、風邪の予防にも効果的です。 意味は、“汚れのない清白”。 ≪御形(ごぎょう)≫ 風邪予防や解熱に効果があります。また、別称は母子草で黄色い花を咲かせます。草餅の元祖です。 意味は、“仏の体”。 ≪仏の座(ほとけのざ)≫ 健胃・整腸作用・ 高血圧予防の効果があるといわれています。正しくは田平子(たびらこ)といいます。 意味は、“仏の安座”。 ちなみに七草のほとけのざは、キク科で黄色い花を咲かせますが、紫色の花を咲かせる、しそ科のほとけのざは有毒ですのでご注意を。

レシピ編:簡単!食べやすい♡炊飯器で作る七草粥

出典 :http://cookpad.com

青臭くなく、火加減を気にせず簡単に作れる、スタンダードな七草粥のレシピです♪味は、鶏がらスープ♡

レシピ編:余ったお餅を活用!おモチ入り七草粥

出典 :http://cookpad.com

『お餅がアクセントになって美味しい!』『子供もおかわりして沢山食べてくれた!』など、人気のレシピです♪ お正月に余ったおモチを使えば、腹持も良いし一石二鳥ですね♡

レシピ編:炊飯器で七草粥ならぬ七草リゾット・ドリア

出典 :http://cookpad.com

『お粥が苦手…。』という方は、こんな洋風のレシピはいかがでしょうか? 炊飯器に任せるだけなのに、簡単に美味しく作れるんだとか♪

レシピ編:七草粥より簡単♪七草チャーハン

出典 :http://cookpad.com

七草粥が嫌いな方、七草に飽きてしまった方、お粥を作るのが面倒くさい方などは、チャーハンにしてみてはいかがでしょうか♪

まとめ

いかがでしたか? 色んな意味が込められている他に、板の上で草を叩いて刻む回数も決められていたり、江戸時代に広まった際の七草は現在と異なり、全て雑穀だったんだとか。 七草って、知れば知るほど奥深い…。 明日は、そんな七草粥から日本の伝統と文化に触れる良いチャンス♪ 緑が不足しがちなお正月明けに、滋養豊かな七草を食しませんか?


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-