【知らないとアタフタ!?】お正月までにマスターしておきたい!正しい初詣のお参り・参拝のしかた♡

2015.12.17
神社 今年も残すところあとわずか…。 「良い年になりますように!」と新年を気持ち良くスタートさせる為に欠かせない“初詣”ですが、皆さまはもう計画済みでしょうか? 今年の初詣は、神社へ?それとも、お寺へ? ………………………………。 そういえば、神社とお寺の参拝の仕方って同じ良いのでしょうか…? 人だかりができた水場で水をすくってその後は…? そもそも、参拝の正しいやり方って…? 皆さんは、正しい参拝の仕方をマスターしていますか? 毎年、その場で調べたり、周りの人を見様見真似したりで 「私、参拝のマナーを知らないかも…。」 と思う方って多いのではないでしょうか。 そこで今回は、知れば納得、知らないとアタフタ!マスターしておきたい参拝のしかたを紹介します。

鳥居をくぐる前に

鳥居 鳥居の向こう側は、神様の空間です。 くぐる前に衣服を整え、軽く1礼(お寺の場合は山門に軽く1礼)をしてから境内に入りましょう。

参道を歩くときは端を歩く

参道 通行と反対の足で入る事は、神様に足を向ける事になる為、 右側通行で歩く時は右足から、左側を通行する時は左足から入ります。 逆足の運びを避けるため、通行と同じ足から入りましょう。 また、参道の中央は神が通る「正中(せいちゅう)」と呼ばれる場所なので、参道の中央はなるべく避けて通りましょう

手水舎で心身を清める

手水舎 人だかりができた水場は手水舎(てみずや/ちょうずや)といい、神様へ会う前に、心身の罪や汚れを清める場所です。 手水をとり、心身を清めてからご神前に進みます。 【清め方】 ①まず右手に柄杓を取り、左手を洗います。 ②次に左手に柄杓を取り、右手を洗います。 ③もう一度右手に柄杓を取り、左手に水を溜めて口をすすぎます。水を吐く時は、口を隠して静かにすすぎます。 (※あくまでも儀式なので、衛生上など口を清められない場合は口はすすがなくてOKです。) ④最後に残ったお水で柄杓を立てにして、柄杓の柄に水を流します

神社で祈願する場合

神社 神社の場合は、2礼2拍手1礼です。 【2礼2拍手1礼】 ① なるべく神前の端に立ち、軽く1礼します。 ②お賽銭を投じ、 鈴を静かに1回鳴らします。頭を深く下げ、2礼します。 ④ 2回打ち手(2拍)をしてから、神様に祈願します。 ⑤ 頭を深く下げ、1礼します

お寺で祈願する場合

お寺 お寺の場合は、1礼です。 1礼をして、胸の前で合掌して祈願し、軽く1礼の順番で参拝をします。 お寺で神社のように拍手を打つのは失礼にあたりますが、出雲大社の2礼4拍手1礼など神仏習合(しんぶつしゅうごう)の名残で、お寺によっては参拝方法が異なる場合もあります。 その場合は、きっと案内看板があると思いますので、参考にしてください。 もし案内看板がなくて分からなくても、お参りで一番大事なのはお参りをする心なので、スタンダードな1礼でも問題ありません。

お祓いの効果がある神拝詞(となえことば)

神拝詞 余談ですが、手水舎で清める際や祈願に際に、心で唱えたり口にするとよりお祓いの効果がある神拝詞(となえことば)というものがありあます。 【神拝詞】                ・祓い給い 清め給え(はらいたまい きよめたまえ) ・神ながら(かむながら) ・奇しみたま(くしみたま) ・幸え給え(さきわえたまえ) 折角ですから、参拝の際に唱えてみてもいいですね。

帰る時も神様に軽く会釈

神社 来たとき同様に中央を避けて参道を歩き、来た道に向かって軽く会釈をしてから鳥居を出ます。 また、初詣の帰り道はせっかくいただいた福を落としてしまうので、寄り道をしないでまっすぐ帰ったほうがいいそうです。

まとめ

いかがでしたか?これさえマスターすればアタフタする心配もなく、「これって、どうしたらいいの?」と聞かれても大丈夫です! マスターすれば、いつ・どこで・どんな人と参拝する事になっても恥ずかしくないので、知的な良い女に見えるかも…?! 皆さまの新年がいい年になる様に、ぜひ正しいお参り方法で参拝してみてはいかがでしょうか♪


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-