【明日は小正月!】もう一つのお正月♡”小正月”の豆知識&レシピ♡

2016.01.14
お正月飾り 皆さま、明日の1月15日は“小正月”(こしょうがつ)ですね。 あまり聞き慣れない方は、”どんど焼きの日”と言ったらピンとくるかも? 確かに、お正月に比べて馴染みのない小正月…。 『一体、何の為の行事なんだろう…?』と疑問に感じる方も多いのでは? そこで本日は、そんな疑問を解消する為、明日1月15日を前に“小正月の雑学”についてお伝えいたします!

お正月と何が違うの?

花餅 年神様や先祖を迎える行事を行うお正月は”大正月”と呼ばれ、これ対する呼び名が”小正月”です。 “小正月”は、豊作祈願などの農業に関する行事や、家庭的な行事を中心に行う正月です。 お盆と同様に大切な節目でもありました。 また、大正月には門松を飾りますが、小正月には餅花(もちばな)や、地方によっては米粉で作ったカイコの繭の形の繭玉(まゆだま)を木に刺して飾ります。 餅花を飾ることから別名“花正月”や、松の内(正月飾りを飾っておく期間)の多忙をきわめた時期に働いた女性をねぎらう意味で“女正月”とも呼ばれています。

一体、何をするの?

どんど焼き 小正月の日は“朝に小豆粥を食べる”・神社で正月飾りや古いお札、書き初めなどを燃やす“どんど焼きを行う”といた風習があります。 どんど焼きの火で焼いた、”お餅”や”団子”などを食べると『無病息災で過ごせる』と言い伝えられている他に、煙に乗って年神様が天上に帰ってゆくと考えられている事から、正月行事に区切りをつけるという意味があるんだとか。

小豆粥って?

小豆 小豆粥を炊いて、家族の健康を祈る昔の中国の習慣が伝わったもので、邪気を払って、無病息災を祈る為に食べられています。 古代より小豆のように赤い色には邪気を払う神秘な力があると考えられ、日本では千年以上も前から続く歴史的にも非常に古い慣わしです。 また丸い食べ物は”角がとれる”といった意味もあるので、小豆粥はとっても縁起の良い食べ物です♡ そこで、お次はそんな伝統と歴史が詰った“小豆粥のレシピ”をご紹介いたします♪

スタンダードな小豆粥のレシピ♡

出典 :http://cookpad.com

昆布ダシが効いた、シンプルなお粥です♪ 素材の味が引き立つ素朴なレシピなので、日頃、時間に追われる忙しい生活をされている方に特にオススメ♡

炊飯器で簡単♡あずき粥

出典 :http://cookpad.com

「簡単に作りたい!」といった方は、炊飯器で簡単に出来るこちらのレシピはいかがでしょうか? また、まだまだ、お餅が余って困っている…!」なんて方は、焼いたお餅を小豆粥にいれる食べ方もオススメです♪

エスニック風あずきがゆ♡

出典 :http://cookpad.com

お粥が得意でない方は、こんなアジアンデザートで小豆粥を楽しんでみてはいかがでしょうか?ココナッツミルク入りのまろやかな風味の小豆粥のレシピです♪ ちなみにあずきには食物繊維が豊富なので、美容にも良いんだとか♡

まとめ

いかがでしたか? お正月ばかり考えてしまいがちですが、お正月を終わらせる行事もあったんですね! 新しい年の幸福や恵みをもたらしてくれると言われる年神様は新年にやってくると言われています。 そんな年神様をきちんと見送れば、今年は更に良い年になるかも?! もう一つのお正月と言われている小正月。 あなたも是非、小正月でお正月を締めくくりませんか?


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-