imasia_15673226_M

「彼氏のプレゼント」と「彼女の欲しい物」にあるギャップの傾向と対策

2015.10.29

imasia_15673226_M
 
過去に彼氏からプレゼントもらったことはありますか?
プレゼントをくれたことは嬉しいけれど、「これはちょっと…。」という物をもらってしまった時、困ってしまいます。
彼氏の気持ちを尊重して、喜んだフリはするものの、後日実際にソレを使っていないことに彼氏が気づきケンカに発展…なんてことも。

そこで今回は、「彼氏がくれるプレゼント」と「彼女が本当に欲しい物」の間にあるギャップの傾向と対策について、女性135人のアンケートを元に紹介します。
 

約7割の女性が、彼氏からのプレゼントに不満を持っている!

今回のアンケートは、20代〜40代の未婚の女性を対象に行いました。
まず、過去に彼氏からプレゼントをもらったことがある女性に対して

過去に彼氏からプレゼントをもらった際、「嬉しいんだけどコレはちょっと…」「本当は○○が欲しかったんだけどなぁ…」という経験はしたことがありますか?

という質問をしました。これに対して、はいと答えた人は92人いいえと答えた人は43人でした。
なんと、全体の7割弱の人が、過去に彼氏から微妙なプレゼントをもらっているのです。

Q2回答

これはやはり、対策を練らなくてはいけません。
 

具体的に何をもらったとき困るの?

imasia_13787945_M
では、実際にどういったプレゼントもらった際、「嬉しいんだけどコレはちょっと…」「本当は○○が欲しかったんだけどなぁ…」となってしまうのでしょうか。
さきほどの質問に対して「はい」と答えた92人に、

・その時、実際にもらったプレゼントは何でしたか?
・その時、本当に欲しかったものは何でしたか?

という2点を聞いてみました。
 

微妙な違いが、満足度に大きく響く!

imasia_10917241_M

女性が好きなアクセサリーや小物類をくれても、小さな違いで嬉しさが半減することがあるようです。

センスのない好みでもないネックレスをもらい、戸惑った。首に付けてみてと言われたが、帰宅後の楽しみにすると言い断った。」という回答が。身につける物は、好みの物でないと本当に困ります。本当に欲しかったのは「ティファニーのネックレス」なんだとか。同じネックレスでも全然違います。

ではブランド品をもらえたら嬉しいのかと言えば、そういう訳でもありません。事実、「ヴィトンの鏡」をもらっても嬉しくないという方も。欲しかったのは「セリーヌの鞄」だそう。ブランド品が好きな人こそ、自分好みのブランドでない物は欲しくないのかもしれません。

そして、「ゴールドのネックレス」が欲しかったのに「シルバーのネックレス」をもらったという方も。女性の間で人気なのは「ゴールドのアクセサリー」ですが、「アクセサリーといえばシルバー」と考えている男性は少なくないよう。微妙な差に見えて、この差は大きいです。
 

ちょっと変わった珍回答

mushroom

変わった回答でいくと、「きのこの図鑑」。確かに、これはもらっても使い道が分かりません…。ではこの方が本当に欲しかったものは何だったのでしょう?回答を見てみると、「違うきのこの図鑑」。

…なるほど。彼女がきのこ好きというところまでは彼氏はリサーチできていたようです。しかし最も大事な「好きなきのこの系統」というところが理解できていなかったんですね。惜しいです。

他には、「作った200ピースのパズル」。この方が本当に欲しかったものは「どうせなら作ってないもの」だそう。ごもっともです。せめて、一緒に作る楽しみなどを残しておいてほしいです。

さらに、「自分のコント集」という回答も。よほどギャグ線の高い彼氏だったとしてもいらないです。そういった物は日常の会話にしのばせてもらえれば充分かもしれません。ちなみに欲しかったものは「好みの歌手のCD」だそう。特に高価な物ではありません。

全体的に、彼女の趣味・嗜好が彼氏に伝わりきれていないケースが多いようです。
 

欲しい物をもらうためにはどうすればいい?

imasia_9784609_M

では、どうしたら彼氏に欲しいプレゼントをもらい、心からの「ありがとう。」を言うことができるのでしょうか。先ほどの、

過去に彼氏からプレゼントをもらった際、「嬉しいんだけどコレはちょっと…」「本当は○○が欲しかったんだけどなぁ…」という経験はしたことがありますか?

という質問に対し、「いいえ」と答えた43人に、その秘訣を聞いてみました。
最も多かったのは「一緒に買いに行く」という回答。なるほど、これなら確実に自分が好きな物をもらうことができます。一緒に買い物へいくこともデートの一環なので、プレゼントをもらうまでのプロセスを楽しむことができます。

しかし、サプライズ好きの彼氏の場合、これは難しいのではないでしょうか。そういった際は、次に多かった回答、「欲しい物をあらかじめ、さり気なくアピールしておく」という方法が有効です。自分が読んでいる雑誌を見せたり、買い物のときに「こういうのが好きなんだ」と伝えてみたり。あくまで「さり気なく」を心がければ、図々しさもありません。

更に、お互い言いたいことが言い合えるカップルだと「直接欲しい物を言う」ことも多いようです。「以心伝心はありえない」という大人の考えの元、成り立っているそう。
 

クリスマスやホワイトデーに向けて今からできること

imasia_13285733_M
彼氏からの斜め上をいくプレゼントに困っている女性は多いよう。全体的には、「アクセサリー類」や「好きなブランドの鞄や小物」が欲しい彼女に対し、「使い道に困る代物」や「趣味と合わないアクセサリー」をプレゼントしてしまう彼氏が多いようです。

やはり、男性と女性では考え方が違うので、「欲しい物を言える関係」を作ることが一番確実なのかもしれません。また、「一緒に買い物へ行くのではなく、旅行へ連れて行ってもらう」という回答もありました。”物”がダメなら、”楽しい時間を一緒に共有する”ことも方法のひとつです。

これから冬になるとクリスマスやホワイトデーなど、彼氏からプレゼントをもらうイベントがやってきます。今の内から欲しいものを言える環境づくりや、さり気ない趣味・嗜好のアピールなどを心がけてみてはいかがでしょうか。

彼氏からのプレゼントに心からの「ありがとう。」を言える日は、そう遠くないはずです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-