あいきゃっち

【クローゼットを救い隊】グルーガンで「いらないワンピ」を「ハロウィン魔女」にリメイク編

2015.10.21

あいきゃっち
 
最近周りが結婚ラッシュ。
「私の番はいつかしら」と思いながら、着ていくドレスを探すため、クローゼットあけると…

目の前に広がるのは雪崩。
そこで私はこう思いました。
「だから結婚できないのか。」

…ではなく。

「クローゼットを救いたい!」

第1弾は父親の「いらないYシャツ」を「この秋使えるスカート」にリメイクしましたが、今回は「もう着ないワンピース」を「ハロウィンで使える魔女衣装」にリメイクしちゃいます。

ミシンが無いので前回は手縫いで頑張りましたが、できることならしばらく縫いたくありません。そこで今回使うのはグルーガン

100均のグルーガン100均の装飾品だけで、よれよれのワンピースに新たな命を宿す方法をご紹介します。
 

そもそもグルーガンって?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
コンセントから電気を流して熱を発生させ、グルー(樹脂)を溶かして接着する道具です。
すぐに冷めてくっつくので、DIY通の人たちには人気の代物。

布や紙や木などの接着に特に適しています。
 

用意するもの

今回リメイクするのはこちら。
ワンピ before
結婚式の2次会で一度着たきり、クローゼットで眠っていたワンピース。よれよれです。

もう少しグレードの高いドレスを購入してしまったので、もう活躍することはありません。
しかし捨てるのはもったいない!ので新たな命を吹き込みます。

そして使用する道具はこちら。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左上から、犬用のカラーチュール3色紫のキラキラしたひもグルーグルーガンカチューシャクモの巣調のわた芯地2パックです。

前回同様、全て100均一で揃えました。ここに、はさみと、いらないクリアファイルをプラスします。

グルーガンは100均で200円でしたが、100円で売っているところもあるみたいなので、探してみて下さい。中身のグルーの色は用途によりますが、今回はがおすすめです。

グルーガン以外の、ワンピースに接着する装飾品は自由。
自分の好みに合わせ、気に入った物を購入しましょう。
 

グルーガンでハロウィン用クモの巣作り

それでは早速リメイクスタート。
まずは、グルーガンでクモの巣を作ります。
溶けたばかりの樹脂は高温なので、そのままテーブルに出すのは危険です。しかし、色々接着してまうグルー。一体何を下に敷けばいいのでしょうか。

ここで活躍するのがいらないクリアファイル
PP素材(ポリプロピレン)と呼ばれる素材でできているクリアファイルはグルーと相性が悪く、くっつくことなく綺麗に剥がれてくれます。
グルーガンで何かオブジェを作りたい時は、下にクリアファイルを敷きましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
始めに真ん中に小さな多角形を描き、そこから適当に線を伸ばしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こんな感じで、縦に横に、自由に線を足していきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
線ができたら、その周り一回り大きい多角形を描きます。
好みの大きさになるまで、これを繰り返して下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ほどよい大きさになったら、数分放置してグルーをしっかり固めましょう。
固まったら、クリアファイルからぺりぺりと剥がしていきます。

これで1つのクモの巣が完成しました。好みに合わせて好きな大きさ、形でいくつか作ってみましょう。

コツは、1回1回グルーガンをクリアファイルから離す時に糸をひかないように注意すること。グルーは水飴のような形状で、糸をひいて伸びしてしまいます。
しかし今回はクモの巣なので、ある程度の糸は良いアクセントになるかもしれません。
 

ワンピースにハロウィン仕様のひだ作り

クモの巣ができたら、ワンピースに100均の装飾品をつけていきましょう。

ここで、犬用のハロウィン衣装として売っていた、小さなチュールを使います。筒状になっていたものを縦に切り、一枚の布にしました。
それをワンピースのウエストの部分につけていきます。使うのはもちろん、グルーガン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ひだを作ってグルーガンで粘着していきます。溶けたばかりのグルーはとても高温なので、ヤケドに注意して下さい。
手袋などをすると安心です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
どんどんひだが出来てきました。紫のチュールだけでは足りなかったので、オレンジのチュールもプラスして完成したのがこちら。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
細かい計算をせずに作っても、良い感じのアシンメトリーに。
 

ハロウィンデコはもちろん、グルーガンで接着

ひだが出来たら、先ほど作ったクモの巣をつけていきます。使うのはもちろん、グルーガン
好きな数だけ、好きな大きさのクモの巣を、好きなレイアウトでつけましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
いくつかクモの巣を粘着したら、クモの巣同士をグルーガンで繋げてあげてもかわいいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グルーガンを使って、自分の好きなデザインを簡単に実現しちゃいましょう。
 

ハロウィン用ヘッドドレスも、グルーガンで作れちゃう

ワンピースが良い感じになったら、ヘッドドレスも作ります。
100均で購入したカチューシャに、100均のチュールをくっつけていきます。ここでもやっぱり、グルーガン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
黒のチュールをベースにしました。
上から先ほどの残りの、紫とオレンジのチュールもプラスし、ドレスについていたお花もアクセントにくっつけてみると…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なんだか良い感じです。
 

芯地を使ってハロウィン用バールンスカートに

スカート部分にボリュームを出したい方は、スカートの内側に芯地をつけましょう。
芯地とは、服の型くずれを防ぐため、スーツの表地や裏地に入っている固い布のことです。着心地を良くし、耐久性を高める役割もあるのだとか。

芯地も100円均一の手芸コーナーで購入できます。
大きすぎる場合は適度な大きさに切りましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
接着はもちろん、グルーガン

さらに、ワンピースのもの足りない部分に、適当にチュールやクモの巣、わたをプラス。完成したのがこちらです。

BEFORE
ワンピ before

AFTER
完成2
うん、悪くないのでは?

早速着てみましょう。
着てみた
顔を除けばいい感じ。よれよれのワンピースに新たな命が吹き込まれました。

「顔」でどれだけ変われるか、より深く知りたい方はこちらの記事も読んでみて下さい。顔にも命が吹き込まれています。
 

裁縫が苦手女子の強い味方、グルーガン

「縫い物が面倒くさい」という方でも、グルーガンを使えばリメイクが簡単に。
ただ粘着をするだけなので、「いちいち布を図って計算するのが面倒くさい」という方にもおすすめです。

そしてなんと言っても安いので、プチプラで出来ることも魅力のひとつ。
ハロウィンなど、1日しか着ない衣装にグルーガンはもってこいです。今年のハロウィンはグルーガンを使って、世界に一つだけの、お手頃でかわいい衣装を作ってみてはいかがでしょうか。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-