Arthur Price of England(アーサープライスオブイングランド )

2015.11.26

100年以上の歴史をもつカトラリーブランド

1902年創業で100年以上の歴史をもつ、アーサー・プライス社のカトラリーブランド。
イギリス王室御用達ブランドでもあり「高品質で、上質な価値ある製品・サービスを提供すること」をポリシーとしている。

アーサー・プライス社の創業者であるアーサー・プライスは、銀職人の家系で育った。以来、プライス家がアーサー・プライス社を経営している。現在の経営者は、4代目のサイモン・プライス。

イギリスのカトラリーシェアの多くを占めており、ステンレス製の食器のパイオニアブランドでもある。

タイタニック号や高級ホテルなどで使用される製品を製造

イギリスの伝統的でクラシックな模様をあしらったカトラリーが中心で、華やかな印象を放つ。

クラシックなものだけでなく、ソフィー・コンラン(Sophie Conran)、ジュリー・ドッツワース(Julie Dodsworth)といったデザイナーとコラボし、現代的なデザインの商品も発売している。

また、カトラリー以外にも、テーブル用品、フォトフレームなども製造。ギフト商品も人気。
高品質なこのブランドの製品は、イギリスの高級ホテルであるサボイホテルやリッツホテルでも使用されている。

また、かつては、豪華客船タイタニック号、超高速旅客機コンコルドでも使用されていた。
タイタニック号で使われた製品を製造したのは1912年。2012年に100周年を記念してそのモデルを再現し、話題となった。

イギリス王室との深いつながり

イギリスのハロッズといった高級百貨店で扱われている。イギリス王室とのつながりが深く、数々の製品を王室に納めていることで知られる。

バッキンガム宮殿には「オールドイングリッシュ」、ウィンザー城には「ラテイル」を、チャールズ皇太子ご成婚時には「フィドルスレッド&シェル」を納めている。

また、エリザベス王太后の90歳の誕生日には、「ロイヤルパール」を納めた。

老舗カトラリーブランドとしての地位を確立

イギリスでは老舗カトラリーブランドとしての地位を確立しており、世代を超えて支持されている。

1977年にエリザベス女王、1988年にチャールズ皇太子からロイヤルワラント(王室御用達の証)を得ている。最近では、ウィリアム王子、キャサリン妃の結婚式の際に、製品を納めた。

ブランド情報
ブランド名 アーサープライスオブイングランド / Arthur Price of England
イギリス
公式サイト https://www.arthurprice.com/
ブログ https://www.arthurprice.com/category/blog/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-