ARNOLD&SON(アーノルドアンドサン )

2015.11.26

英国海軍を支えた懐中時計の老舗の誕生

1764年、ロンドンにてジョン・ロジャー・アーノルドが創業。 父であるジョン・アーノルドはプレゲと親交のある時計職人であり、息子のジョン・ロジャーもプレゲの元で修行したあと「アーノルド&サン(Arnold & Son)」を開いた。 父アーノルドの製作しブレゲが改良を施した時計は、現在でも大英博物館に展示されている。 アーノルド親子はクロノメーターの開発に尽力し、発明した最高精度を誇るマリンクロノメーターは、海上での経度を測定することに成功した。 海外進出を進める大英帝国にとって、海の上で正確な位置を知るための正確な秒計測が非常に重要であり、クロノメーターの成功により、アーノルド&サンは英国王室海軍にマリンクロノメーターを提供する主要業者となった。

消滅と復活、そして現在

ブランドとしての「アーノルド&サン」はアーノルド親子の死後は経営がふるわなくなり他社への合併を経て、最終的に会社は休眠状態に追い込まれる形で消滅したが、1995年にスイス時計製造業の代表的都市ラ・ショー=ド=フォンでザ・ブリティッシュ・マスターズ社によって復活。 あらたに複雑機能を搭載した腕時計が製造されるようになった。 スイス・バーゼルにて毎年3月、4月頃に1週間かけて行われる世界最大の宝飾と時計の見本市である「バーゼル・ワールド(バーゼル・フェア)」では1995年から新作を発表している。 日本円で100万円以上という高価格なラインナップでありエグゼクティブの男性を対象としたブランドとなっている。

魅力的な二つのコレクション

「アーノルド&サン」は、「ロイヤル・コレクション」と「インストゥルメント・コレクション」というふたつのコレクションラインをもっている。 英国王室のために作られた時計へのオマージュである「ロイヤル・コレクション」は 、ラージハンズ、センター時分針、スモールセコンド。 逆台形のケースを用いており腕の細い人にもフィットするデザインとなっている。 一方、「インストゥルメント・コレクション」の「インストゥルメント」は「計器」の意味であり、アーノルド親子が、フランス皇帝ナポレオンの求めに応じて作った観測用天文時計や、イギリスの海軍で勅任艦長を務めた探検家でヨーロッパ人として始めてハワイ諸島訪れた人物であるジェームス・クックの船に採用されたマリンクロノメーター等、外洋航海時の計測に用いられた高精度の時計を作っていた「アーノルド&サン」の黄金時代を象徴したコレクション。 オフセンターの時分針に第2時間帯表示機能やトゥールビヨンなどの複雑機構が組み合わせられている。
ブランド情報
ブランド名アーノルドアンドサン / ARNOLD&SON
イギリス
公式サイトhttp://www.arnoldandson.com/home.aspx
公式メディア


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-