AKIRA NAKA(アキラナカ)

2015.12.07

異色の経歴をもつデザイナーが立ち上げたブランド

レディースファッションブランド「AKIRA NAKA」は2007年に「POESIE」というブランド名で設立され、2011年に現在の名称に改めた。
オリジナルで開発した「グラデーションニット」が有名である。

デザイナーの中章(ナカ アキラ)はビジネスに生かすためアメリカの大学に留学していた際、自分で着るために古着のリメイクをしていたところ、あるテーラーと出会い、服を作る工程を見たことで物作りに関心をもちファッションの世界に足を踏み入れたという経歴をもつ。

米留学から帰国後、文化服装学院で服作りについて学んだあと、本格的にデザインを学ぶためベルギーのアントワープ王立芸術アカデミーに留学。

在学中にベルギー以外の国では自分の作風がどう評価されるか確認するため、イェール国際フェスティバルに出品したところ、デザイナーに選出され、PUNTO-SETAよりテキスタイルサポートアワードを受賞した。
同じころイェールでニットデザイナーEls Arnolsに出会い師事する。

イェール国際フェスティバル終了後、Els Arnolsと共同でレーベルを立ち上げるためアントワープ王立芸術アカデミーを中退したが、スポンサー絡みでプロジェクトが止まってしまい、2006年に帰国。
2007年に自分のブランド「POESIE」をスタートさせ、2011年、ブランド名を「AKIRA NAKA」に改名した。

重ねた年のぶんだけ美しくなる女性のためのブランド

毎シーズン、デザイナー自身が浮かべる「女性像」を大切にし、AKIRA NAKAならではのエレガントな服作りを徹底し年齢を重ねていくことで美しくなる女性をイメージしたデザインが特徴的なブランドである。

自分のジェンダーにプライドをもつ女性をターゲットとしており成人した全年齢の女性が顧客層に該当する。
スカート、ワンピース、ニットなどをあつかっており、シックだが、すぐにワードローブに加えられる日常着られることを意識したアイテム展開となっている。

配色が絶妙なニットアイテム

部分によって編み方とカラーを切り替え、ぱっと目を引く色鮮やかさと遊びを感じるニットアイテムは中章自身がオリジナルで開発した「グラデーションニット」の技術に裏打ちされた「AKIRA NAKA」のアイコンアイテムである。

コレクション全体では見ればシックな印象の強い「AKIRA NAKA」だが、ニットがTPOでいえば日常の衣装だったヨーロッパの伝統にのっとってか、プライベートな場面での女性の気持ちを明るくし包み込むような明るさと、ざっくりとした安心感が感じられる。

ブランド情報
ブランド名 アキラナカ / AKIRA NAKA
公式サイト http://akiranaka.com/
公式メディア


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで好きっぷ。をフォローしよう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rastro -ラストロ-